苦痛な通勤時間をWiMAXで充実したものに

私は以前、通勤に2時間半も電車に揺られて会社に出勤していました。ほぼ始発から乗り、その後の乗り換えでも確実に座れる電車だったので体力的にはとても楽だったのですが、とにかくヒマでヒマで仕方ありませんでした。

電車内ではゲームや、電子書籍などを楽しんでいたのですが、いつも通信制限にヒヤヒヤしていました。本当は音楽を聴いたり動画を観たりするのが一番好きなのですが、YouTubeで動画なんて観ようものならもう通信制限待ったなしです。

そこで、ちょうどauのスマホを使っていましたし、UQコミュニケーションズのWiMAXを使用してみることにしました。私が何よりも魅力的に感じたのは、工事とか面倒なことがなく、とにかくモバイルルーターさえ持っていれば使えるというところでした。とにかく、配線とかそういう面倒くさい設定とかは苦手だったので、ここが一番楽でした。

価格も、私がauのユーザーだったことで色々な割引がきいてお得でした。もちろん、auのLTEを最低限に抑えたので、月々のスマホの料金もグッと減りました。

そして私にとって一番良かったのは、通信制限にヒヤヒヤする必要がなくなったことです。基本的に平日の朝2時間半、夕方2時間半、夜数時間、休日数時間の使用でも速度制限にひっかっかることはありませんでした。

私の時は3日間で3GBを超えると通信制限がかかるようでしたが、平日3日間、5~6時間ガッツリ使用しても3GBを超えることはありませんでした。ただ、やはりYouTubeなどで高画質の動画を観まくると、ちょっと危なかったです。できるだけ画質を最低まで落とすと、YouTubeを観まくったとしてもギリギリ大丈夫でした。何より、制限がかかったとしても3日間ですから、精神的な余裕が全然違います。

今は結婚して仕事を辞めたので使用していませんが、地味に3年間の契約期間が痛かったです。仕事を辞めて半年くらいは無駄に使ってしまいましたが、違約金を払う方が高くつきそうだったし、結婚して落ち着いたら旦那と格安携帯会社に乗り換えるつもりだったので、自宅でのんびり動画を楽しみました。

WiMAXは、本当に必要な方にとってはかなり精神的に楽のなるものだと思います。私も、あの苦痛な通勤時間を短く感じさせてくれたのはWiMAXのおかげだと思っています。auのユーザーさんには特にお勧めしたいです。

申し込みをする前に大丈夫かどうかしっかり確認!ポケットwifiを契約してネットを利用すると不都合になる可能性がある点は?

ポケットwifiはモバイルインターネットの中で通信速度が速いと言われていて光回線のような感覚でネットを利用する事が出来るという声もネットの口コミでよく聞かれます。実際にポケットwifiと契約してネットを利用してみると確かに通信速度が速くて口コミ通りの評判だと実感しました。しかし利用している時に不都合になってしまう点も少なからずありました。注意しないと不便になってしまうのでポケットwifiと契約してネットを利用している時に不都合になってしまった点を挙げていく事にしましょう。

地下鉄を利用している時に電波が届かない事がある

ポケットwifiと契約してネットを利用している時に地上なら特に問題ありませんが、地下鉄を利用している時に電波が届かない事があります。それで通信する事が出来なくなる場合があるので注意する必要があります。特に地下鉄を利用する事が多い人はしっかり頭に入れておかなければいけません。

障害物で電波が届かない事もある

主要都市に行くとオフィスビルや商業ビルが立ち並んでいるので電波が届かない事もあります。ポケットwifiはエリアは拡大されていますが、大手携帯電話会社に比べて通信施設となる基地局が少ないのでビルなどが障害物となってしまうのが電波が届かない要因となっています。オフィスビルなどで働いている人はポケットwifiと契約してネットを利用すると不都合になってしまう可能性もあるので申し込みをする前に大丈夫かどうかしっかり確認しておく必要があります。

基本的に3年契約になっている

大手携帯電話会社と契約してスマホを利用する時は基本的に2年契約ですが、ポケットwifiと契約してネットを利用する時は基本的に3年契約になります。途中で解約すると解約金が発生するので契約する前に3年契約だという事をしっかり頭に入れておく必要があります。3年縛りでもOKという人は契約して利用してみるといいでしょう。

ポケットwifiと契約してネットを利用する時はメリットになる点の方が目立つ事が多いですが、実際に利用してみると不都合になる可能性がある点も少なからずあるので注意してから契約しましょう。